葬儀を行うホールや施設は、全国にありますか?
「終活BANKのお葬式」は、日本全国どこでもすぐに葬儀可能なホール、施設がございます。
遠方で葬儀は可能ですか?
「終活BANKのお葬式」は、全国の都道府県に対応しています。全国どこへでもご搬送、お葬式をサポートさせていただきます。
いざという時は何を準備しておけばよいのでしょうか?
ご安置の場所をご自宅、ホール、葬儀施設など何処にするのか。ご予算はおいくらくらいなのか。会葬者はどのくらい来るのか。葬儀の日程はどのようにしたいのかなど、大まかなことをご準備ください。
遺言を書くときに気をつけることはありますか?
せっかく遺言を書いてあったのに、結果として紛争になってしまうケースも多々あります。終活BANKでは専門家が適切な指導をいたします。
遺言ってどうやって書けばよいのですか?
大きく分けて自筆証書遺言と公正証書遺言とがあります。メリット、デメリットは双方とも持ち合わせています。終活BANKでは専門家が適切な指導をいたします。
エンディングノートはどこからどうやって書けばよいのでしょうか?
気になった項目から気楽に書いてみてください。終活BANKではエンディングファイルを準備しています。解りやすい解説付きになっています。
遺言は死ぬ直前に書くものではないのですか?
遺言は、自分が死んだあとの財産や身分関係について予め意思表示をしておく行為なのです。もしかしたら、判断能力が低下して遺言を書くことができなくなるかもしれません。万が一に備え、元気なうちに書いておきましょう。
お墓の承継者がいない場合、どうしたらいいのでしょうか?
承継者がいらっしゃらない場合、菩提寺にご相談されて永代供養を依頼されても宜しいでしょう。霊園や納骨堂での合祀も可能ですが、いずれにしても終活BANKにご相談ください。
生きている間にお墓を建てても良いのですか?
生前中にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言い、長寿につながると言われています。また、節税対策にもなります。一度ご相談ください。
臨終後、大切な人に送ってもらいたい手紙などがある場合、どうすればよいのでしょうか?
終活BANKでは、大切な人に届けるためのメッセージを準備しています。受取人の手元にきちんと配達されます。伝えきれなかった言葉や想いを残してみませんか。ぜひご相談ください。
終活BANKの割引優待サービスのログイン方法を教えてください。
  1. お手元にお申し込み後にお届けする会員カードと、カード台紙をご用意ください。
  2. 以下の「終活BANK割引優待サービス」専用WEBページにアクセスしてください。
    →終活BANK割引優待サービス専用WEBページ
    QRコード
    スマートフォンはこちら
  3. 画面右側の[ログインはこちら]部分に、会員カード・カード台紙に記載されている「会員ID」と「パスワード」を入力し、ログインしてください。
  4. 「終活BANK割引優待サービス」のサービスページが表示されます。カテゴリーやオススメメニューなどから、優待サービスを検索してご利用ください。
終活BANKの割引優待サービスのログインID・パスワードを忘れてしまいました。
  1. 会員ID・パスワードをお忘れの方
    終活BANK割引優待サービスのログイン時に必要な会員ID・パスワードは、サービスお申し込み後にお届けする会員カードまたは会員カード台紙に記載されております。 
  2. 会員カード・会員カード台紙を紛失された方
    会員カードもしくは会員カード台紙を紛失された場合は、ご利用されているカードの再発行手続きを行ってください。

    お問い合わせ: 0120-051-635(平日10:00~16:00)